×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

大沢在昌

著者紹介

大沢在昌(おおさわありまさ) 1956年、名古屋生まれ。’79年、失踪人調査士・佐久間公を主人公にした「感傷の街角」で小説推理新人賞を受賞、デビュー。 ’91年『新宿鮫』で吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞、’94年『新宿鮫 無間人形』で直木賞、 2004年『パンドラ・アイランド』で柴田錬三郎賞を受賞する。(

ひとこと

執筆作品数のとても多いベテラン作家さんです。

作品リスト

所有している本のリストです。作品は発表年月順に並んでいます。タイトル名クリックでレビュー記事へ飛びます。 タイトルにリンクが貼られていないものは未レビュー、または未読のものです。
1987年08月評価:★★★★
備考: